神山つなぷろ#17/高齢者配食サービスのいま


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#17。

神山町は、人口約5300人のうち65歳以上の比率が約50%という町です。

「住み慣れた地域で最後まで自宅で活き活きと暮らせるように」
それぞれの地域の実情に合った形で、新たな支え合いの仕組みを作っていく。

全国の自治体で上記のような考えのもと
「生活支援体制整備事業」が進められており
神山町でも包括支援センターによる「困りごとの調査」が行われ
これから地域でできる支え合いについて、検討されてきました。

こちらに詳しい記事があります。
イン神山「当たり前」の日々を送るために

その中でも、食事を運んでくれる「配食サービス」について

・どんなサービスがあるのか
・どんな人が担い手になっていて、どんな人が利用しているのか
・食事のサポートの、これまでとこれから

など、まずは現状を把握してこれからの支え合いの仕組みを考えていけたら。
高齢者が集まる場所を中心に映像の上映を重ね
ご意見を聞かせてもらいながら、これからのことを考えていけたら。

神山つなぐ公社と包括支援センターの思いが重なり
映像でまとめることになりました。
5月に完成し、少しずつ神山町内で上映されています。

撮影を通して、お弁当の生産者と消費者という関係以上の温かな繋がりが
それぞれの現場で生まれていることを知りました。

神山町はどんな町? と聞かれたら
こんな風に誰かが誰かを思い合う、支え合いが生きている町だということを
お伝えしたいなあと感じました。

少し長い映像ですが、お時間のある時にご覧いただければ嬉しいです。

スクリーンショット 2018-07-11 12.03.23
スクリーンショット 2018-07-11 12.05.19
スクリーンショット 2018-07-11 12.05.32
スクリーンショット 2018-07-11 12.07.34
スクリーンショット 2018-07-11 12.08.20
Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2018 Category:Web、Presentation video


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。