From WORKS

神山つなぷろ#21/地域で学び、地域と育つ高校


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#21。

神山町に唯一ある高校、城西高校神山分校は
2019年から名前とカリキュラムが変わり(詳しくはこちらへ→神山町HP
県外からの入学も受け入れる高校に変化していきます。
近年の取り組みや、この町で高校生活を送ることについて映像でまとめました。

地域と積極的に繋がり、生徒がやってみたいことを実現してきた先生と
学校と町と住民が協力し合い、教育現場の可能性をどう広げていけるか
つなぎ役として奮闘を重ねるコーディネーターの存在と
その動きを影で支える先生たちや役場の職員さん、地域の方々
色んな人達が教育の可能性について模索されています。

その変化の渦にちょうど居合わせた生徒さんのインタビュー
読み応えがありました。是非ご覧ください。

スクリーンショット 2018-07-11 11.40.52
スクリーンショット 2018-07-11 11.45.07
スクリーンショット 2018-07-11 11.37.45
スクリーンショット 2018-07-11 11.38.30
スクリーンショット 2018-07-11 11.40.36
スクリーンショット 2018-07-11 11.41.03
スクリーンショット 2018-07-11 11.42.11
スクリーンショット 2018-07-11 11.43.11
スクリーンショット 2018-07-11 11.50.54
Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2018 Category:Web、Presentation video


神山つなぷろ#17/高齢者配食サービスのいま


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#17。

神山町は、人口約5300人のうち65歳以上の比率が約50%という町です。

「住み慣れた地域で最後まで自宅で活き活きと暮らせるように」
それぞれの地域の実情に合った形で、新たな支え合いの仕組みを作っていく。

全国の自治体で上記のような考えのもと
「生活支援体制整備事業」が進められており
神山町でも包括支援センターによる「困りごとの調査」が行われ
これから地域でできる支え合いについて、検討されてきました。

こちらに詳しい記事があります。
イン神山「当たり前」の日々を送るために

その中でも、食事を運んでくれる「配食サービス」について

・どんなサービスがあるのか
・どんな人が担い手になっていて、どんな人が利用しているのか
・食事のサポートの、これまでとこれから

など、まずは現状を把握してこれからの支え合いの仕組みを考えていけたら。
高齢者が集まる場所を中心に映像の上映を重ね
ご意見を聞かせてもらいながら、これからのことを考えていけたら。

神山つなぐ公社と包括支援センターの思いが重なり
映像でまとめることになりました。
5月に完成し、少しずつ神山町内で上映されています。

撮影を通して、お弁当の生産者と消費者という関係以上の温かな繋がりが
それぞれの現場で生まれていることを知りました。

神山町はどんな町? と聞かれたら
こんな風に誰かが誰かを思い合う、支え合いが生きている町だということを
お伝えしたいなあと感じました。

少し長い映像ですが、お時間のある時にご覧いただければ嬉しいです。

スクリーンショット 2018-07-11 12.03.23
スクリーンショット 2018-07-11 12.05.19
スクリーンショット 2018-07-11 12.05.32
スクリーンショット 2018-07-11 12.07.34
スクリーンショット 2018-07-11 12.08.20
Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2018 Category:Web、Presentation video


神山つなぷろ#19/集合住宅プロジェクト06 解体から造成まで


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#19。

神山町で建設が進められている集合住宅の工事現場では
元あった建物の解体コンクリートガラを有効活用すべく
造成工事が進められました。
建築物が建つと見えなくなってしまうけれど
なくてはならない作業の様子を記録しました。

スクリーンショット 2018-06-16 21.27.10
スクリーンショット 2018-06-16 21.28.04
スクリーンショット 2018-06-16 21.29.08
スクリーンショット 2018-06-16 21.38.43
スクリーンショット 2018-06-16 21.30.43
スクリーンショット 2018-06-16 21.31.20
スクリーンショット 2018-06-16 21.35.35

Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2018 Category:Web、Presentation video


神山つなぷろ#18/西分の家の改修と空き家相談


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#18。

神山町での移住支援の始まりから、民家改修プロジェクトの取り組み
すみはじめ住宅「西分の家」の完成と、お家長生きプロジェクト
空き家相談のはじまりを、各担い手が語る記録映像。

スクリーンショット 2018-06-16 16.16.41
スクリーンショット 2018-06-16 16.17.44
スクリーンショット 2018-06-16 16.18.00
スクリーンショット 2018-06-16 16.15.19

2016年から始まった民家改修プロジェクトの記録では
改修して見えてきた課題点も踏まえ
何を今すべきか、何を大切にしたいか
各持ち場で奮闘されている方々に触れる機会となりました。

Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2018 Category:Web、Presentation video


TurnTable ”Cedars from Kamiyama in Tokushima”

渋谷の神泉にできたオーベルジュ「TurnTable」
プロモーション映像を制作しました。

徳島の食材をふんだんに使った美味しいお食事や
壁画に潜む徳島を発見する面白味など
是非、体感しにお出かけください。

:思い出の一枚:

レストランのテーブル等で使われている木材は
徳島県神山町上分で製材所を営む金泉さんの山から伐り出されました。
その日、金泉さんが話されていたことが印象に残っています。

「これも僕のひいじいさんくらいが植林した木なんでね。
私たちくらいの世代が大きくなったら有効利用してくれるって
僕のために植えてくれたような木なんでね。
こうやって人のために、特に都会に行って
都会の人がいいなあ、神山杉いいなあって
一人でも思ってくれたら僕は非常に幸せです」

t019

Client:DIY工務店
Directed:キネトスコープ
Flmed and edited:川口映像事務所
作曲:DJ Mitsu The Beats / Jazzy Sport
ストリングス:Otoji + Ray
Year:2018 Category:PV


神山つなぷろ#16/オランダ受入編[国際交流プロジェクト・その2]


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#16の
編集を担当しました。

今年も第二回の国際交流プロジェクトが実施されるようです。
イン神山の記事
http://www.in-kamiyama.jp/diary/31776/

:余談:
サムネイル写真に登場している二人の女の子は
我が家にホームステイに来てくれました。
初めてのホストファミリー経験で
片言の英語でドキドキしている私たちに比べ
母国語以外に英語も当然のように話せ
落ち着いた姿の彼女達。
二日間夜の時間を共にしただけでも
とっても楽しい経験となりました。
昭和感溢れる私たちの住まいが珍しかったのか
最後に家の写真を沢山撮って帰っていったのが、面白かったです。
神山の中高生にとっても
受け入れる神山のファミリーにとっても
とても得難い経験となるこの国際交流プログラムが
これからも良い形で続いていくといいな〜と感じています。

Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
filmed:Manus Sweeney
edited:川口映像事務所
Year:2017 Category:Web、Presentation video


KATALOG-Learning Journey in URAHOROCHO-

北海道、十勝郡浦幌町(うらほろちょう)

昨年、この町を訪れる機会を頂き、
町の未来を見据えて活動されている方々に出会うことができました。

その地で生きる方々の日々の暮らしにお邪魔し
何を感じ、何を思って暮らしているか聞かせてもらえる旅ができたのは
その土地で人間関係を結び、共にチャレンジしようと取り組みを始めている
株式会社リレイションの方々がいたからでした。

弾ける笑顔で子ども達が喜ぶプログラムを考える農家の元木さん。
風倒木の現場を案内してくださった、挑戦を恐れない林業家・北村さん。
その北村さんに案内されながら、
建築材としての可能性を感じ高揚する長野の工務店経営者・菱田さん。
この辺りで針葉樹以外に広葉樹を挽ける数少ない製材所の木下さん。
そして最後にまた、元木さんの語りで映像は終わります。

映像に登場されるのは、浦幌町で出会えた方々のほんの一部で
たった一度訪れただけでは、まだまだ魅力の入り口を知ったにすぎないと思います。
その土地にいる「あの人達」に会いたくて、またその土地を訪れる。
私たちにとって、そんな出会いを結んで頂けたことが嬉しかったです。

そして「他の地域の方とも広く連携し合いながら子ども達の未来を考えていきたい」
そんな言葉が飛び交う40代〜50代の
若い(?)世代がそれぞれに行動されていて
私も私の暮らす町で、できることから少しずつ
と、活力をもらった気がした旅でした。

追記
リレイションが取り組まれている浦幌町の廃校利用のプロジェクトも
今後地域の中でどう活用されていくのか、楽しみです。

「TOKOMURO Labプロジェクト」

:思い出の一枚:
私たちと同じ町(徳島県神山町)に暮らしている家具デザイナーの鴻野祐くんは
どこの町でも人の懐に入り込む天才で
ワークショップをしに出入りしている浦幌町でも
「おう、祐くん」とあちこちで声がかかっていました。
元木さんに出会わせてくれたり、こんな景色を見に連れて行ってくれたり
旅が充実した体験になったのは、祐くんのおかげでした。

urahoro

Client:株式会社リレイション 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2017 Category:Document


神山つなぷろ#13/神山創造学


徳島県・神山町で進められている
「まちを将来世代につなぐプロジェクト」の記録映像#13。

徳島県神山町にある唯一の高校、城西高校神山分校で
2017年4月から「神山創造学」という授業が始まりました。
入学して間もない高校一年生達の1学期の様子に密着しました。

下記のページでも紹介されています。

http://www.in-kamiyama.jp/diary/30404/

:思い出の一枚:

image1

高校生にとって、授業を撮影される気分ってどういうものなのか
多感な高校時代にカメラを向けられること、嫌な子もいるだろうなー
と、いつもソワソワしながら現場に向かいます。
それでも興味を持って近づいてきてくれる生徒さんもいたりして
高校時代の思い出の一つになれば嬉しいなーと思っています。

Client:一般社団法人神山つなぐ公社 
Directed, filmed and edited:川口映像事務所
Year:2017 Category:Web、Presentation video


教えるって難しい@四国大学

image1 image4
image2 image3

2017年4月から四国大学メディア情報学科の非常勤講師として
週に一度、大学生と共に過ごしてきました。

夏には昨年に続き
社会人×学生チームで映像制作を学ぶ講座が開催されました。

社会人の皆さんは初めて映像を作ったとは思えない出来栄えの方もいたくらい
楽しみながら真剣に映像作りに打ち込んでおられ
大学生達は、普段学んでいる映像作りのノウハウを社会人に指導する場面もあり
貴重な機会となっている様子でした。

「実践で学べる講座で、とても良かった」
「素材あつめ(撮影)から完成品出力まで流れがよく分かった」
という感想を寄せてもらえました。

映像を自社で作れないか検討されているところで
セミナーに足を運ばれた事業者さんが多い印象でした。
自社でできる範囲はどういうことか
機材を揃えるならばいくらくらいかかるのか
プロに依頼する際、何を準備・検討すれば良いか
講座を通して、現在の目的と目標を整理する機会にもなっている様子でした。

秋には神山町の高校生が職場体験で川口映像事務所を選んでくれ
大学生に混じって四国大学で授業を体験したり
インタビューのテープ起こし体験をしてもらいました。

映像制作に興味を持ち、自分なりに映像作りをしていた学生さんは
「こんなハイスペックなパソコンで"授業"で映像制作を学べるなんて!」
と、とても興奮した様子でした。
将来の進路に影響を与えてしまったかも!?と、嬉しい体験でした。

少しでも、映像制作の技術や経験がお役に立てればと思いつつ
まだまだ自分たちも学びの過程だと、日々精進を痛感する日々です。
教えるって、大変なことですね。。


人形座「寄井座」の映像を4K映画祭で

YORIIZA_sam

徳島県の人形浄瑠璃文化の歴史のなかでも、古く江戸時代から活動が続いてきた
神山町の人形座「上村都太夫座(通称:寄井座)」は
来年で発足170年を迎える歴史のある座で
今も座員の方々が伝統を受け継ぎ、日々の生活の傍で活動を続けておられます。

そんな寄井座の活動の一つに「虫干し(むしぼし)」があります。
人形や衣装の保存のために、年に一度蔵から出して風や日光に当て
保存状態の確認・維持のために、皆さんが集まります。

今年の夏に高校生にも手伝ってもらいながら(孫の手プロジェクトを利用)
虫干しを実施した様子を映像に記録しました。

その映像を、えんがわオフィスさんのご好意で
4K徳島映画祭2017の一角でお披露目できることになりました。

その日は寄井座の方々が人形浄瑠璃体験も実施されます。
是非、商店街を歩かれる際はお立ち寄り下さい!

日時:2017年11月25日(土)
場所:寄井商店街 マップ21 (靴屋さんのリヒトリヒトさんのすぐ隣くらいです)
内容:上村都太夫座(寄井座)の人形浄瑠璃体験
川口映像事務所の映像上映(モニターにて繰り返し上映予定)

周りで出店されるあれこれも楽しみです!詳しくは・・・こちら

寄井座さんが協力されている「神山アーカイブス ~文化財再生プロジェクト~」も楽しみです!
(神山アーカイブスが実施される場所は “劇場「寄井座」” です。ちょっとややこしいですね)

S__16719878

・・・

虫干しの様子ちょこっと紹介

mushibosi01
草刈りをするところから始まり

mushibosi02
大きな桐箱を出してきて・・・

mushibosi03
せっせと干したり出したり

image4
襖絵を見ながらワイワイ・・・

この機会以外にも、また改めてご紹介できればと思っています。