撮影日誌:食べることを考える日々

神山つなぐ公社の記録映像として
「FOOD HUB PROJECT」の映像第一弾が公開されました。

雨の日の田植えと料理教室の様子を収めた4分30秒の映像は
さらっと流し見できない長さです。

SNSで流れてきても、外出先では音も出せないし
見る場所を選ぶためスルーされることもあると思います。

ただ、「まちを将来世代につなぐプロジェクト」(通称「つなプロ」)も
FOOD HUB PROJECT」も
時間をかけてこつこつ積み重ね
年月を経て変化を生み出す取り組みだと思うので
その過程を見守っていただけるような紹介映像にしたいですね
とディスカッションしながら作っています。

お時間のある時に、ご覧いただけると嬉しいです。

「つなプロ」全体の最近の様子を紹介したイン神山記事
たべる」と「すまい」と「そだつ・まなぶ」神山の”つなプロ”が動き出しています

***

いやはやしかし……。

先週から今週にかけて
様々な取り組みがあったFOOD HUB PROJECTに密着していると
早朝からのパン作り
近隣住民の方々にプロジェクトを知ってもらうためのイベント
みんなでご飯の会(夜が更けるまで)
早朝の田んぼの草取り
器の打ち合わせ等
ハードスケジュールをこなされています。

パン2
コロッケパン
テストキッチン
田んぼ草取り

何かを始めるためには、体力気力は不可欠で
さらには労い合える仲間と美味しい食事を共にたべる時間が
これからの道のりを共に歩んでいくために
大事なことなんだなーと、感じました。

告白すると、私たち夫婦は
最低限の食卓で満足してしまうようなタイプで
食への貪欲さはあまりありません。
けれど、どうやって作られたものか、誰が作ったものか
どう調理されたものか、分かってくると
有り難みが全然違うんだよな…と、
神山に来て、ちょっとずつ思うようになってきました。
農業や食に携わる周りの友人、知人、そして
FOOD HUB PROJECTの方々の影響を受けているんだと思います。

無知ゆえにとんちんかんな問いを投げかけてしまうこともあるのですが
(「ビーツって何でしたっけ、、豆?」とか。)
様々な場面で、目の前の食事が成り立つまでを
どうしたって意識する機会をいただいている感じです。

ちょっとずつちょっとずつ、私たちも学ぶ日々です。

記録係:川口鑑子


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。