「妖怪くつべらめがね」って何なんですか!!

徳島県4Kコンテンツ制作事業 ふるさと納税PR映像
「妖怪くつべらめがね」(クリックで別ウィンドウへ)

今回のミッション

徳島県が実施する「ふるさと納税」をPRする動画を制作する。
思い切った形で作り「徳島のふるさと納税って…」と意識してもらえるものを作る。

これが、私たちに与えられたお題でした。

2015年の10月にオーディションを行い
主演決め、ストーリー決め、歌決め、ロケ現場決め、出演者決め、衣装決めなど
10月11月はこの撮影で走り回っていたのでした。

IMG_0154

主演には、徳島に魅せられ移り住んだお笑い芸人
「ランダムハンター」の長谷部ケイ氏を抜擢しました。

彼自身も、関西から徳島に移り住んだ一人。
徳島に来て感じた「徳島の良さ」「徳島に恩返ししたい」というリアルな経験談が
今回の企画の大きな柱とな
っています。

また、彼の容姿からつけられたニックネームが「くつべら眼鏡」で
今回はそのニックネームを冠に、オリジナル妖怪をほぼセリフなしで演じきってくれました。

芸人なのに、言葉で笑わせるシーンがない、こんなはずじゃなかった…!!
とは一言も漏らさず、道行く人の視線を一身に浴びながら
過酷な撮影を乗り切ってくれました。

IMG_0155IMG_0158IMG_0190IMG_0220IMG_0248

快晴の祖谷撮影の一コマ。
だんだん妖怪なのか何なのか、チャーミングに見えてくるのが不思議です。
長谷部さんの人柄が滲みます。

また、特徴的な主題歌はアマチュアミュージシャンの中川武さんを起用。
BOØWY(ボウイ)を愛する中川さんが歌うと
ヒムロック的歌唱法になってしまうところをグッとこらえていただき
戦隊モノの主題歌よろしく、淡々と渋く歌っていただきました。

スクリーンショット 2016-03-10 21.47.03

少年役には、2015年に徳島で開催された
「スターへの道」(未来のスターを発掘するためのオーディション)で準優勝に輝き
2016年2月に鳴門市文化会館で行われた吉本新喜劇の舞台にも立った
将来が期待される徳島の現役中学生、ホソイカンタくんを抜擢。

当初はエキストラでほんの少し出演する程度の予定が
準主役級の役を任せるほどの監督の期待を背負い、物怖じせず生き生きと演じきってくれました。

IMG_0309IMG_0272IMG_0166 IMG_0164

また、自らも職員役などエキストラを演じ
終盤では見事なアドリブ一発本番の演技を披露された
安田克良さん(徳島ロケーションサービス所属)は
多くのエキストラ陣を集めてくださったりと
本撮影になくてはならない存在でした。

スクリーンショット 2016-03-10 21.45.09IMG_0127

両国本町商店街ウッドアイビスの新居綾路さんはじめ商店街の方々
エキストラの大学生の皆様
祖谷の撮影でご協力いただいた皆々様
編曲にご協力いただいたミュージシャンの方々
くつべらを何十本とくっつけた衣装をオリジナルで制作してくれた衣装さん
進行補助の助っ人姉さん、習字文字担当の方
機材協力をしてくださった、えんがわオフィスさんなど
多くの方々に協力していただき完成することができました。

「妖怪くつべらめがね」が、どんな受け止め方をしてもらえるか
ビクビクワクワクしております。

IMG_0280


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。